若い人こそがん保険に加入して備えよう

がんの進行は年齢が高い人よりもむしろ低い人の方が早いと言われています。というのも細胞の活性化が高い若い人のほうが、それだけ転移や悪性化が進みやすいということです。しかし一方で、がん保険に加入済みでがんがいつ襲ってきても大丈夫と言える人は、若い人の方が少ないのではないでしょうか。

なぜかというと、がん保険の加入はどちらかというと年齢が上がるにつれて加入率も増えていきます。そのためがんが進行しやすいのに、加入をしていないという若者の方ががんへのリスクが高いということなのです。

もちろんがんは年齢に関係なく発症するものもありますが、血液のがんや女性が注意しなければいけない子宮がんなどは若い人の死因としてもよく知られているところです。そのため、できることといえばもちろん規則正しい生活を送ることですが、それだけでなく今では備えるということも大切なポイントになってきています。

備えることがどれだけ効果的であるかというと、やはりお金の問題など、がんよって発生するリスクをカバーしてくれるというメリットです。時間はお金で買うことができないからこそ、がん保険にきちんと加入しておき、もしものときのために備えておいてみてはどうでしょうか。